JALカード VISA Masterの審査の流れとカード到着までの日数

JALマイラーにとって必須とも言うべきJALカードの申し込みと審査結果が届くまでの日数をまとめてみました。意外に調べても出てきません。

JALカードの申し込みページを見ると

ネットの申し込みをしてから4週間ほどかかると書かれています。

引き落とし口座は住信SBIネット銀行がオススメ

引き落とし口座にも寄りますが実際は2週間から3週間ほどで到着すると思います。

引き落とし口座のオススメは住信SBIネット銀行です。

 

ここは大半のクレジットカードの引き落としに対応しているのでわざわざ書類に捺印して、陰影が薄いと言って差し戻しされ・・・といった煩わしい作業から開放されるので開設しておいて損はないです。

 

JALカードは実際には2週間ほどで届く

住信SBIネット銀行なら2週間ほどでカード届きます。

12月1日に申し込んで1日中に三菱UFJニコスからメールが届きました。

内容は

このたびは、JALTOPカードCLUB-Aをお申込みいただき、誠にありがとうございました。

お申込みいただきましたカードの審査が終了いたしましたので、
お知らせいたします。

別途、今後のご入会お手続きに必要な「書類」を郵送いたしますので、
必要事項にご記入・ご捺印いただき、ご本人さま確認書類を
貼付のうえ、ご返送いただきますようお願い申しあげます。
ご返送をもって正式申込みとなります。
詳細は郵送いたします「書類」をご確認ください。

 

というメールが申し込み日の夜には届きました。

実際はこの後2週間ほどで直接カードが送られてきたので、このメールが届くとよほどの事がない限り合格です。

 

絶対にJGC修行前にはclub-a以上のカードを申し込んでおこう

JGC修行をする際は事前にclub-a以上のカードを申し込んでおきましょう。

 

サファイア会員になってからJGC会員になろうとしてJGCのclub-aのカードの申し込みして落とされたら修行の費用と時間が無駄になりますから。

実際にそういう人もいるので笑えないのですが。

 

 

私のように特に修行しない人であれば普通カードでショッピングマイルをつけるだけで十分です。

私の場合はclub-aにしてショッピングマイル付けてしまいましたが。

 

40代中にはJGC修行したいという気持ちになっています。

やっぱりこの世に生きたからにはいろんなことを体験して感動したいじゃないですか。

 

死んだ時にあの時あれやっておけばよかったという死に方はしたくないですし、世界遺産とか7不思議とか好きですしね。

 

年をとると感動することもあまりなくなってくるので大人になってから旅行する人の気持ちもわかります。

 

今だとマイルで年会費に充てることもできるので事前にマイル稼いでおいてもいいかもしれません。

 

申し込み前には自分の情報を確認しておこう

申し込みの際は事前にCICやJICC等の履歴が綺麗なことを確認することとポイントサイトのポイント目当てに他のカードも何枚も同時に申し込みするようなことは止めましょう。

 

JALカード落ちる要因としてはJICCやCICの履歴が良くないことと多重申込、社内ブラックということが挙げられます。

 

そうならないように日頃から借りたものはしっかり返して身の丈にあった生活をこころがけましょう。

 

派手な生活したければ派手に稼ぐしかありません。

 

クレジットカードは自分の稼ぎから払われます。

そのことを常日頃から忘れないようにしましょう。

 

だから何かあっても耐えられるだけの積立預金は絶対にしておきましょう。

貯金ないと突発的な出費に耐えられずブラックになる確率はものすごく高いです。

JALカードもQUICPay対応へ

最近JALカードもQUICPayに対応になりました。

QUICPayはSPGアメックスがメインなのでJALカードはそれほど使わないと思いますが念のために登録しておきました。

支払いの際に『QUICPayで』というだけです。

サインも不要なので使い勝手はかなりいいです。メインカードがJALの人は絶対にやっておいた方がいいですよ。あまりの便利さに世界が変わります。

JALカードsuicaは1ヶ月かかる

ちなみにVISAとMasterカードの発行元の三菱UFJニコスは早いのですが、JALカードsuicaはめちゃくちゃ遅いので気をつけましょう。

年をまたいだせいか今日まで3週間かかっています。

JALカードでタダで旅行に出る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です